ウサギが一番好きな野菜

畑の中にまだウサギが一匹(であることを望んでます)どこかに潜んでいて夜な夜な畑の野菜を食い荒らしますが、その中でも特に好きなのはこのカボロネロ。もうボロボロ。

サラダも好きなんじゃないかなぁと思っていたけど、サラダには見向きもしてないようです。好きな物をひたすら食べるタイプなのかもな。

何とか捕まえたいけどとにかく早くて。カールルイスなら追いつけるかもね。

あの人参が今。

春先に芽が出るか心配しながら蒔いたあの人参を収穫してみた。

ちっちゃ!

葉っぱめっちゃ立派やのに抜いてみたらめっちゃちっちゃい。。。

色んな野菜を育てていると簡単なのや難しいのやいっぱいあるけど、人参は結構難しいなぁと思う野菜の一種。

でも味は絶品。オリーヴオイルでさっとソテーして塩で味付けしたら、もう星レストランくらい美味しいよ!(星レストランで食べたことないからわからへんけど。)

赤ビーツ

赤ビーツって本当に赤い!切っても焼いても煮ても真っ赤!赤ビーツは赤野菜ナンバーワンやな。

そんな赤ビーツはめっちゃ健康に良いらしい。

その赤ビーツをサラダにすると綺麗な真っピンクになりました。

来週のお勧めです。

下茹でしたビーツに玉ねぎとマヨを和えてみたサラダ

トマトが・・・

今年のベルギーは例年とは全く逆なまるで日本の梅雨の様な天候です。今日もベルギーの各地で川が氾濫して町が洪水で溢れるような事態が起こっています。悲しいかな色んな対策をとっても自然災害を防ぐのは難しいです。一体こんな自然災害に人はどんな風に対策が出来るのか。

のんびり野菜にはハウスの様な施設はないので、トマトも露地栽培のみです。でもこのトマトの味が他とは違うめっちゃ美味しいトマトになるんです。うちの美味しいトマトの秘訣は…天水!(内緒ですよ。)

でも今年はこの天水が多すぎて・・・トマトがやっぱり病気になってしまいました。トマトは高温乾燥気候を好みます。

悲しい。。。心を込めて栽培したのに。。。早くお日様でてくれへんかなぁ。

やっぱり小さなハウスでも建てたいなぁと思う今日この頃でした。

ミントティー

水曜日の夜は次の日の配達の準備でいつもバタバタ。準備作業で夜まで仕事をしていると仕事の後に美味しいお茶が飲みたくなるんだけど、緑茶を飲むと寝れなくなるし。

でもフレッシュミントティーなら美味しいお茶が寝る前でも安心して飲めるんだなぁ。

癒されるわぁ。( ̄▽ ̄)

ミントの葉を数枚にはちみつ一杯。美味しいよー。

JAECの海外農業研修

私がベルギーに住むきっかけとなった The Japan Agricultural Exchange Council では毎年、アメリカやヨーロッパ(私が参加した時にはオランダ、ドイツ、スイス、デンマーク)に農業研修生を派遣しています。私はこの研修でオランダの有機農家に一年間滞在し農業研修を行いました。

初めて住む海外は色んな事が日本と違いカルチャーショックが大きかったのを今でも覚えています。

最初の一か月間は語学学習があり、オランダ語を学びましたが最初の頃は言語もわからず本当に苦労したことを覚えています。農業形態も日本とは全く違う世界で色んな事に驚きました。オランダの農業はとても発展していて、農業というイメージよりはまるで工場なんじゃないかと思えるような効率的な栽培が行われている事が多いです。

自分が今まで勉強した農業の知識とはまた全く違う農業を学ぶとても良い機会でした。

最近ではベルギーでも日本のぼかし肥料、EM菌などそういった言葉も見聞きするような事もあり、これもまた面白いなぁと思いながら農業をしています。

農業も色んな形があり、人それぞれの考え方があります。

JAECの海外農業研修は私にその機会を与えてくれた第一歩です。私が参加した時には農林水産省からの助成金は出なかったため、研修に参加する前に一年間アルバイトをして研修費を貯めてから参加しました。決して安い金額ではありませんが、自分の人生を決める大切な経験になった事は確かです。

今年からは研修に参加されたOB・OGの方々のご尽力で農林水産省から研修費の半分が助成されるそうです。(上限60万円)こんなチャンス!私の頃にはなかったので、農業に興味のある若い人達にはぜひこのチャンスを逃さず、広い世界に新たな自分を見つけに行くきっかけにして頂きたいなぁと思い今回のブログのテーマにしてみました。

日本の農業が素晴らしい未来であるためにも若い力が育ちますように。